最近になって環境汚染によるオゾン層の破壊で紫外線の透過量が増加して、紫外線による皮膚癌,白内障などの肌及び眼科疾患が大きく増加している。 また、強い紫外線は肌をくすませて乾燥させるなど肌老化の主な原因になっている。 紫外線による肌損傷は回復が難しいため、あらかじめ備えて気を付けるのが最善の方法。 

このような紫外線は高度, 地形上の位置,天気,季節,大気条件によって、その強度が変わるが、紫外線の量は1年の中で、6~8月が一番強まる。 このように、日照量が一番多く、紫外線の強度の強まる夏季は UV A だけでなくUV Bによって、肌に直接的な影響を受けるようになる。 1年中紫外線から肌を保護しなければならないが、特にこのような理由で夏季には、より一層注意を向けなければならない。 
一日の紫外線の80%が午前10時から午後3時の間に到逹して紫外線が一番強いので、この時間帯に
外出を避ければ肌損傷を減らすことができる。




 

 
copyright © 2004 charmzone japan. All rights Reserved.
contact wmaster@charmzone.co.jp for more information Tel)03-5487-6182